>

持ち出し用や備蓄として装備しておくべき100均アイテム

この記事をシェアする

キャンプ用品が災害グッズに

キャンプは最近のアウトドアブームの最たるもので家族や仲間同士で楽しむ方が増えています。そんなアウトドアグッズが災害時に活用出来ます。基本的に野外で使うアイテムですから防水性に優れ、便利なものばかりです。
・テント(プライベート空間、ミニテントでも着替えをしたい時に便利)
・寝袋、エアマット(固い床等で座り続けたり横になる際に楽)
・アルミブランケット(防寒用に活躍)
・モバイルソーラー充電器(欠かせないスマホの充電が電源いらずで可能)
・LEDランタン(電池式で明るさを保てる)
・ヘッドライト(ハンズフリーで明るさがある中で作業が可能)
・バーナー、ミニストーブ(カセットボンベやライターで簡単に湯が沸かせり小さく暖もとれる)
・万能ナイフ(缶切りやハサミ、マイナスドライバー等として便利)
・フッククリップ(ポールに挟み袋等を吊せる)
上記したアイテムの中には100均で揃うものもあります。

100均で揃うキャンプ用品

前述したキャンプ用品の中で100均で用意出来る主なアイテムは以下になります。
・アルミブランケット
・ヘッドライト
・LEDランタン
・フッククリップ
・万能ナイフ
どれもキャンプブランドで用意すると値が張るものばかりですが簡易的に数日間を過ごす為に用意するには100均アイテムが十分に活躍します。非常時に限らずこれらのアイテムを使って野外生活を経験する事も防災に繋がります。
被災をすると恵まれた日常生活とは違った状況を課せられます。3.11を境に自然を楽しむだけではなく防災の視点から行う防災キャンプを多くの自治体やNPO団体が主催しています。普通にキャンプに参加するだけではなく災害時にどう対応すべきかを学ぶ事を意識したキャンプに参加するのも良い経験になるのではないでしょうか。